つひにゆく道

休職中の国語教師が教育・文学・音楽などについて語ります。料理と愛犬についても結構書きます。

休職してわかったこと③継続は力なり

どーもこんにちは。今日もコメダ珈琲で読書をしています。情感が読み終わったので、気分転換がてら、ブログを執筆。

 

「継続は力なり」というのは、いろいろなところで囁かれている言葉で、基本的には良い意味で使われる言葉です。(最近は、部活動を強制することの弊害を語る際にもよく使われてしまっていますが)

 

 

僕も含め多くの人は、「途中で止める」ことを不徳と見なし、「継続する」ことを美徳と考えているようです。

 

もちろんその通りですが、しかしこれは、多くの無駄を生んでしまっていることも事実です。それどころか、多くの「ムダ」に押しつぶされながら働き、やりがいを失わせてしまうような恐ろしいものでもあります。

 

例えば、放課後に五分の小テストを始めてみても、効果が上がらなかった、と想定(ではなく実際にあるけど)します。

 

学校と言うのは、これをやめることをしないのです。

 

確かに、生徒に無意味なことをさせてしまったと認めることになりますから、教師としてはあまりかっこいいことではありません。

 

しかし、だからといって、意味のないものをやらせ続けるのは、もっともっとかっこ悪いことです。指導者としては恥ずべき失態です。

 

生徒を表面上は「やる」けれども、どんどんやる気を失っていきます。

 

そうして教員は何とかしようともがき、たった「五分」の時間に見合わないような時間と労力をかけてテストを作ったり、生徒のやる気が出ない原因は自分が「継続」していることなのに、生徒を叱責したり、5分のテストを2倍、3倍に延ばしたりします。

 

早く帰りたがってる放課後の時間にそんなことしてもがくより、普段の50分の授業の中にその五分を作る工夫をした方がどれだけ効率的でしょう。

 

就職するまでの7年間、多くの友人からお前は働きすぎだと言われました。実際にその通りだと思います。

 

これは、「撤退する勇気」がなかったから起こってしまったことかもしれません。

 

自分の決定で、変えられることばかりでは無いですが、前の担当者がやっているからといってそれを引き継がない、周りの教師がやっているからといって流されない。

 

そのような勇気を持った指導者が結局は、生徒から尊敬されるんではないかと思います。

 

これでも割と突っ張っている方なので、他の教員に比べれば、無意味だと思った事はやらない、または適当にある、と言う姿勢でやってきました。

 

しかし、周囲に忖度し、中途半端に薄まってしまったものを与えては、その効果は半減どころか激減します。前回のブログにも書いたように、本当に大切なもの、それは家族と生徒なのですから、今更周りのクズみたいな人間にどう思われようと知ったことではありません。貫く勇気を持たなくてはならないと思います。

 

しかし、効果がないからといって撤退する必要がないものがあります。それは、「好きなこと」です。

 

「好きこそ物の上手なれ」という言葉があるように、継続すれば(人より上になれるかはわかりませんが)力にはなります。よほど間違った方法でなければ下手にはなりません。

 

僕が好きなものは文学とバスケと音楽と料理です。この中で普通の人より実力があるだろうと言えるのは料理だけです。笑

 

でも、読むのが遅くても、体が細くても、不器用で音感がなくても、10年続ければ、まあその辺のやつに負けない(少なくとも肩を並べられる)くらいにはなれるものです。

 

そんなわけで何とか生きていけるし、まあ職場の底辺で無能な先輩教師にしがみつくような生き方はしなくてもいい程度にはなれたわけです。

 

結局、これなんだよな。好きなことは、本当に好きなら下手でも続けられる。だから、真っ先に目指すのは生徒に勉強を好きにさせることだし、自分自身が勉強の楽しさに目覚めることです。

 

僕の勤務校くらいのレベルの学校ならば、それさえ達成できれば、まあそれなりに生徒はついてきてくれます。点数や偏差値の形で結果も出ます。国語のテストの点数なんて、その時の気持ち次第で大きく変わります。

 

周りの教員はそういう視点でものを見ないからあまり評価されませんが。されたくもない。

 

「継続が力になっているのか?」と見つめ直し、なっていないものはどんどん廃止・変更していこうと思います。

 

授業外の小テストは原則やらない。宿題はそもそも全員がしっかりやるはずないのだから、全員強制の回と希望制の回に分ける。

 

長期休みの課題は読書課題(生徒が遊びに行けば行くほど、その移動時間で宿題の読書ができる、というカラクリ)しか出さず、あとは希望制。強制の宿題だけやって長期休みにパワーアップして帰ってきた奴なんか見たことないもん。

 

その代わり、授業の予習は撤退させる。(僕の勤務校では、「予習は必要ない」と言い切る先生が沢山います。そんなに自分が教えたいのか、教科書以上のレベルを知らないからされたら困るのか。予習なしで源氏物語とか微分積分とか理解できるわけないだろう、、、。)

 

でもテストは激ムズ(僕のテストは「死のテスト」と呼ばれています。だって、勉強しなくてもできるテストで平均点高くても何の意味もないですから。)

 

補習は自分で質問に来ないかぎり、一切やらない。その代わり来たら何時間でも付き合う。

 

授業準備は論文読み漁って徹底する。(無駄が多いまま、これを続けてたから忙しかったんだよなあ)。

 

そんなところですかね。こんなの当たり前じゃん、って思われるかもしれませんが、「やらない」ことが極端にやりづらいんですよ学校は。

 

 

とりあえず今回学校を飛び出したことで肝は据わった。復職してもやらかしまくってやるぜ。

自分だけの拠り所―西加奈子「サラバ!」を読んで

またもや間を空けてしまいました。題があまりにも長くなってしまうのでカットしましたが、「休職して分かったこと」という連続ものの一環として読んでいただければと思います。

 

僕はオードリーの大ファンで、毎週オールナイトニッポンを聞いています。春日が新年早々、熱愛を報じられた若林をイジりまくる今年一回目の放送などは垂涎ものです。

 

その若林の天才的なコラム集、「社会人大学人見知り学部卒業見込み」という本があります。これはもうタレント本の範疇を超えて「文学」として認められる名作です。

 

彼がその中で感銘を受けたと書いている、西加奈子さんの直木賞受賞作「サラバ!」が文庫化されたので読んでみました。

 

表現・テーマ・構成・モチーフ等、どれをとっても非の打ちどころがない傑作で、1000ページ以上にわたる本ですが一気に読んでしまいました。

 

幼少のころから奇行を繰り返す姉に対し、主人公である弟は人間関係をうまくやりくりし、常に「いいポジション」で生活を送っていました。

 

しかし、そんなものは時間が経てば失われてしまいます。学校も、仕事も、容姿も、運動能力も、それらは一時の肩書きであって永遠のものではないからです。

 

それらを失いどんどん惨めになっていく弟とは対照的に、大人になった姉は素晴らしい結婚相手とも出会い、心身ともに安定した生活を手に入れます。

 

環境とコンプレックスに縛られ続ける弟と、拠り所をみつけた姉。ポジションは替わりながらも、常にこの二項が対比された形で物語は進んでいきます。

 

「三つ子の魂百まで」という諺があるように、人間は簡単には替わりません。その不変性があるからこそ、安心も問題も生まれていくのです。

 

自分の拠り所は何か?

 

僕はそんなものを次々に生まれていく軽薄な「カミ」に求める気にはなれませんが、かといってそれを見つけられないまま生きてきたのは間違いありません。

 

でも、分かりかけてきたこと・気づいたこともあります。

 

たぶん、一昨年同棲を始めて結婚してからは、「家族」なのだろうと思います。

 

別に今更ケンカをしたりはしないし、親には感謝しているけれど、自分が生まれ育った家にはそんな感情はありません。どちらかというとこの面に関しては弟の方に共感してしまいます。

 

独り身のころ、ムダに飲みに行きまくったり、いくらでも仕事をしていられたのは、友達と生徒に支えられつつも、本当の意味で大切にすべきものを何も持っていなかったからだと思います。

 

そんな状態で急に同棲し始めたものだから、ただでさえ休みがないのに家を空けてばかりのダメ旦那をしていたことには反省しています。あの頃は「家族」ってどういうものなのかが全然わかっていなかった。それと同様に、「仕事」の意味もはき違えていたように思います。

 

「本当に大切なもの」が一つあればいい。後のことは何とかなる。

 

そんな風に思えたことは、休職して得たケガの功名だと思います。

 

他にも大切なものは沢山あります。生徒が大切だし、学問を愛しているし、バスケと音楽が大好きです。これらをダメにしてしまったら、きっと家族も大切にできないと思います。

 

だから後はバランスと取捨選択を学ばなくてはなりませんね。少なくとも、がむしゃらになればいいような時期はとっくに終わったのだと思います。本当ならこんなことは30過ぎる前にとっくに学んでいなくてはならないことなのですが。いま思うと、若いころに忠告してくれた人は多くいた気はする。

 

とはいえ、それなりに頑張ってきたからこの期間にいいこともたくさんありました。

 

クラスの生徒が千羽鶴を折ってくれたり、保護者が手紙をくれたり、卒業生が会いに来てくれたり、クラスの生徒が家を訪ねてきたり、教え子が結婚式に呼んでくれたり。

 

そういった「本当に大切なもの」を守れるような生き方を身につけなくてはならないようです。

 

あの人見知りで偏屈で、南海キャンディーズの山ちゃんと「たりないふたり」なんてユニット名を冠していたほどの若林にも彼女ができました。

 

それに負けないくらい偏屈な僕の心も、素晴らしい奥さんやかわいい生徒たちに大分溶かされていったような気がします。

 

根拠はないけど、できる気がする。

 

 

サラバ! 上 (小学館文庫)

サラバ! 上 (小学館文庫)

 

 

 

 

 

たりないふたり-山里亮太と若林正恭【初回限定版】 [DVD]

たりないふたり-山里亮太と若林正恭【初回限定版】 [DVD]

 

 

正月とクリスマスの料理

あけましておめでとうございます。

 

さすがに、正月から「休職してわかったこと」なんて書く気にはなれませんので、クリスマスと正月の料理日記を載せます。

 

クリスマス第1弾。ローストチキンとパエリヤ。

 

f:id:mugiandhop:20180101134823j:image

 

第2弾はもっと豪華に、ローストビーフやらカルパッチョやらビーフシチューやら。

 

f:id:mugiandhop:20180101134914j:image

 

これは近くのケーキ屋で購入。

f:id:mugiandhop:20180101134946j:image

 

そしてプチおせちを作って新年のお祝い。

 

f:id:mugiandhop:20180101135005j:image

 

奥さんは介護士なので今日も仕事です。朝、ささやかながら新年のお祝いと正月弁当を作り、送り出しました。

 

f:id:mugiandhop:20180101135050j:image

f:id:mugiandhop:20180101135057j:image

 

さて、今年は犬好きにはたまらない戌年です。何とかクソ職場を脱出できるよう、四月から職場復帰しても転職活動を頑張りたいですね。

 

今年もこのブログをよろしくお願いします。

 

 

 

 

休職して分かったこと②時が経つのは早い

To be or not to be,that is a question.

 

シェイクスピアの「ハムレット」に出てくる有名な辞句で、日本では「生きるか死ぬか、それが問題だ」と訳されますが、これは哲学的には「実存」と呼ばれる「いま、ここ」にあるか(ないか)という問題です。

 

これを小説にしたものとして、ジャン・ポール・サルトルの「嘔吐」が有名ですね。絶えず入れ替わる自己というものに「吐気」を催すというものです。

 

僕の生活を彼らに重ねるのはあまりに不遜ですが、休職して1ヶ月くらいした時、これを感じたのです。

 

仕事に行かなくなってから、とにかく感じたのは「1日が長い」ということです。

 

勤務中の月〜土曜は、朝8時くらいから雑務整理をして、ホームルームに行き、授業や採点、事務仕事などをこなし、放課後は部活や会議、それが終わって仕事してるとあっという間に8時(施錠時刻)で持ち帰り仕事もしばしば。日曜は半日やら1日やらの部活で午後も家のことやったり本読んだりしてればもう夜。

 

「早く一週間が終わってくれ」とか「はやく夏休みになってくれ」なんて思いながらも、一週間や一ヶ月があっという間に(その期間に休みは1日、良くても2日)終わります。これじゃ家のこともほったらかしになるわ。笑

 

翻ってそれがなくなり「専業主婦」のような生活が始まると、だらだらテレビを見ながら朝食を取り、犬の散歩に行き、掃除、洗濯やらをだらだら休みながらやっても、

 

「あれ、まだ午前中じゃん」

 

といった感触で、夕食の準備を始めるまでにたっぷりのフリータイム(だいたい読者かNBAを観て時間を浪費)です。

 

あまりのヒマさ加減に拍子抜けがしました。

 

それから3ヶ月が経ち、(かなりの手抜きを覚えましたが笑)同じようなことをしていても、

 

「あれ、もうこんな時間か」

 

と思うことが増えました。

 

二学期の初めに職場を飛び出しましたが、きづけばもう冬休みで仕事納め。師走もいいところの年の瀬です。

 

初めはこのヒマさからくる全能感に満ち溢れ、好きなだけ本を読み、ギターを弾き、名門校に絞った強気の転職活動(もちろん落ちた)、休日は奥さんとお出かけしたり、行けなかった新婚旅行に行ったりしていたのですが。

 

最近はやることがなさすぎて、それなのに1日があっという間で逆に病んでます。なんて贅沢な。笑

 

人間の脳は良く出来ているようで、すぐに順応して「元の感覚」を取り戻してくれる、要らん機能が備わっているようです。

 

結局、月日が経つのは早い。光陰矢の如し。

 

少年老い易く、学成り難し。

 

時間は大切に遣わないといけないな、といい歳して実感させられました。てなわけで、サボっていた文学の勉強を最近はまた始めています。

 

それにしても、流石に生徒や保護者がウヨウヨしてるところには行けないので、コメダ珈琲の喫煙室くらいしか行くところがないのが辛い。

 

ここから脱却しようと思い、2月にはアメリカに行くことにしました。「これが出来たら死んでもいい」と思っていたNBA観戦です。WOWOWで放送されないのを祈るばかり。笑

 

さて現実逃避もそろそろに、また勉強に取り掛かります。久々に読むガチの文芸評論はムズい。。

 

 

新しい小説のために

新しい小説のために

 

 

 

休職して分かったこと①「人の評価と人間関係」

しばらく書かずにありましたが、たくさんの方がアクセスしてくれているようで、ありがとうございます。

 

始めた当初は良い吐き出し口だ、とか頭が鈍らないようにと思っていたのですが、精神衛生上どうなのかな(特に宣伝のために載せているTwitterを見ると)とも思いまして、しばらく離れてありました。

 

でもせっかく始めたことですし、後の道標として、少しずつ書いていこうと思います。というわけで、多分同じようなタイトルで同じようなことを1万人くらいの人が書いているとは思いますが、連続ものとしてやっていきます。

 

さて、今回は「人の評価」について。

 

好きな作家は太宰治村上春樹、好きなバンドはエレファントカシマシ、芸人ならオードリー若林と南キャン山里亮太、ということからも分かるように、30過ぎて恥ずかしいですが僕は「中二病」という言葉がぴったりの結構歪んだ自意識の持ち主です。人からは素直と言われますが、自分ではそれは自意識を持て余した結果だと思っています。この歳になって見た目も気にしますが、「オシャレな服」を着る気にはなれません。

 

というわけで、「人の評価」というのをとても気にしてしまいます。でも悪い評価はあまり聞き入れません。笑

 

一応、最難関と言われる高校や大学の出身ですが、16歳や18歳の時に手にした「学歴」など、30過ぎた今、肩書きとしてもはやなんの意味もないことは分かっています。

 

でも、それなりの対価を払って勉強してきましたから、「駅弁大学」の教育学部の出身の人とは一緒にされたくないし(実際かなり違うとは思う)、大したことない職業だけど、まあそれなりの努力をしたから、こんなに休んでても金をもらえる境遇を勝ち取ったのだ、なんて正当化してます。

 

Twitterとか見てると、公立中の先生は本当に大変だなあと思うけれど、「でもあんたは高校教員になれる頭ないでしょ」とか「部活なしで授業で勝負できんの?」とか「休み与えてもそもそもあんた勉強なんかしないでしょ」なんて思っちゃいますね。

 

そんな価値観なわけです。通院してる医者にはそういうのを改めるプログラムに参加するように言われましたが、絶対意味ないしまあ向きに取り組めるはずもないので、体力向上のやつだけ出てお茶を濁してます(4ヶ月前まで高校生と互角にバスケしてたのが信じられないくらいに落ちている)。せっかく手にした休みをそんなもんに使いたくはない。

 

てなわけで、抜け出したくなるくらいアホな教員ばかりの職場ですが、「まあこいつらよりはマシだな」と思える人がたくさんいるために、なんとかやっていけたというのはありますね。

良くないですけど、無関係で無能な人間には興味がないし、生きようが死のうが僕にはどうでもいいのです。

 

だからせっかくいい授業が出来たり、生徒が集まってきてくれても「こんな低レベルな学校だから俺程度がよく見えんのかな」なんて台無しにしてしまいます。実際、最難関の高校の採用試験は何度か落ちているからその程度なのかもなーとも思っています。

 

でも復職しても、もう彼らと関わる気は無いです。

 

話が逸れてました。これじゃ前のブログと変わらん。笑

 

さて、そんな風に考えて生きていたのですが、つまり、自分は常に「相対評価」で判断していたわけです。そして、少し離れたところから見て評価していたのです。よく人見知りしないフレンドリーな人間だと思われますが、他の人よりも少し近いところに線を引いているだけです。

 

でもそんな鳥瞰的になれない時もあります。例えば、バスケをしている時。エレカシの新曲を聴く時。ポールやディランを生で見た時。犬とじゃれあっている時。奥さんと楽しく過ごしている時。本当に面白い本に出会えた時。

 

邪魔するものなく本当に楽しんでいる時って、相対化や俯瞰なんてできませんよね。もう夢中で。

 

でも学校を抜け出してきた時が楽しいわけはありませんから、休めてホッとしたと同時に自分を人生の落伍者として扱ってもいました。だって、今までそういう人たちをはるか底に見下して、「お前はもともと向いてなかっただけだろ」とか「こんなやつ休暇じゃなくてクビにするいい機会だろ」なんて言っていたのですから。

 

だからせめて「ちゃんとしてやる!」との思いでその翌日から主婦のように家事に励みました。めっちゃ難しい本も結構読みました。犬の散歩も毎日連れて行きました。自分が病んだことを「なかったこと」にしたかったのでしょう。とにかくコンプレックスの塊です(今も大して変わらんけど)。

 

でも妻はいつもと変わらず接してくれて、「仕事をしている貴方が好きなわけじゃ無い」と言ってくれて、(もちろん自分だってそうなのに)筆舌に尽くせないほどの感銘を受けました。

 

身内にバレると面倒なので(そういうのを分かってくれる家ならこんな性格になってないし、最難関に行けるほど勉強なんかしてない)、休職のことは地元と繋がりのない、多分これからも関係が続くであろう親しい大学の友人数名にしか言っていません。

 

あまり人と頻繁に会うことはしないのですが、彼らは飲み会を企画していつも通り接してくれました。もう一つのグループの友人も同様です。それがとても救われました。

 

みんな頭が切れて仕事ができそうな人たちだし(だからこそ職場の環境は劣悪に感じる)、今まで「オレはめっちゃ働いている」的なことばかり言ってしまっていたので、正直どんな目で見られるのかなあ、腫れ物に触るようだったら嫌だなあと思っていたのですが、以前と何も変わらん。

 

僕だって彼らが仕事を辞めたり休んだりしたところで関係を変えたりしないのだから、当たり前なのですが、ストレスの限界だった時期だからこそ、言わば「絶対評価」で成り立っている(「評価」という言葉は相応しくないですが)その関係のありがたみが身にしみました。

 

それに引き換え、職場の人たちとの関係はどうでしょう。新人の頃から「社会人としての振る舞い」というのかな、とりあえず腹立つことがあっても気を遣いましたし、退屈な職場の飲み会にもできるだけ参加しました。後輩は大切にしたいタチなので、干渉にならない程度によく面倒見て、結構慕われてきました。

 

でも、それってただの「仕事の上での付き合い」ですよね。

 

その「付き合い」や「忖度」にかまけて、奥さんを放ったらかしにしてもいい?友達と会えなくなってもいい?生徒の味方をしなくてもいい?

 

勿論、答えは否です。でも、それは結果的に僕が8年間続けてきたことです。

 

では、僕が急に付き合いが悪くなったり、楯突いたり、慣例に反することをしだして、職場の人から煙たがられてもいい?

 

別にいーや。

 

だって、そんな人との関係は「相対評価」なのだから。そんな奴らに気をもむより奥さんや友達やワンコ達と過ごした方がいいに決まってる。そして、先生より生徒の方が大切。

 

部活は嫌いではないから、休日出勤があるのは仕方ないけど日数決めてやればいい。チームが出ない大会の大会の役員はやらん。答え写すくらいの宿題なら、初めから希望制にすればいい。どーせ勉強しないでテストに来る奴のために補習なんかしなくていい(「補習は無意味」というのはエビデンスのある「事実」です)。

 

離れてみて分かった関係の大切さと不毛さ。大切な方を大事にすればいいのです。

 

それがどーしてもできないなら、教員なんかやめればいーや。でも来年度は負担の軽い状態で戻れるから、使えるものは使えるだけ使おう。

人間のイメージ

「人は見た目によらない」とも言いますし、「人は見た目が9割」とも言われますが、僕はどちらかといえば後者の方。

 

見た目と中身がある程度一致する、という経験が多いからです。もちろん、ギャップに驚かされることも多いですが。

 

これは悪いことではなく、例えば学校でも学力や生活態度など、ある程度見当をつけたほうが「先入観ゼロ=何も分からない状態」よりもよっぽど関わりやすいからです。違ったら修正すればいいだけのこと。生徒も先生のことをそのように見ている人も多いはず。

 

ところで、先日僕のところにせいとから千羽鶴が届いたと書きましたが、それと一緒に手紙も何人かが書いてくれたのですが、どうやら僕は、

 

生徒の間では「骨肉腫」という噂が立っているようです。笑

 

これには笑った。次会うときには義手や義足になっているオレを想像しているのでしょうか。笑

 

「病室のベッドの上にいる先生は想像できません」とか「病室で同室の人にキレないでね」とか書かれていました。笑

 

休職するくらいのストレスを抱えて、毎日頭痛薬飲んでぼんやりする頭で学校に通っていたわけですが、

 

誰一人僕が心を病むとは考えていないようです。笑

 

それを痛感したのは、いま通っている復帰プログラムでのこと。いくつかの中から選べるのですが、ビジネススキルや対人スキルが病院で学べるとは到底思えないので、体力を戻すことを目指し、スポーツの部に参加しているのですが。

 

服装やコミュニケーションが、世の常識とズレ過ぎていて驚かされるし、はっきり言って自分もその一員だとは受け入れられません。

 

こういう考えは良くないのですが、仕事には結果が求められる以上、その全てを受け入れて、自分がフォローしようとは思えないし、その必要性も感じません。

 

福利厚生の恩恵に授かっている身なので、口幅ったいことは言えませんが、「こうはなるまい」というのが実感です。

 

実社会から切り離された場で、リーダーのような振る舞いをしたり、「常連の顔」で立ち回ることにあまり意味があるとは思えません。

 

社会システムの責任と、自己責任の部分は分けて考えないといけませんね。

 

心のバランスを保つためには「見た目に惑わされない」「他者の評価は気にしない」ということも必要ですが、それもゼロサムではなく、ある程度秤にかけながら生きて行くことも必要だなあと、学びました。

 

しかし病院とか役所とか教員とか、公共事業にはあまり面白い人はいないなあ、と実感させられます。

 

ここでは新たな価値観を学べそうもないので、思い切って2月にはアメリカに行くことにしました。教員をしながらでは実現できない「生でNBA」を観るという夢を叶えてから復職しようと思います。

 

 

人は見た目が9割 (新潮新書)

人は見た目が9割 (新潮新書)

 
やっぱり見た目が9割 (新潮新書)

やっぱり見た目が9割 (新潮新書)

 

 

 

婚約記念日

先日、婚約してから1年が経ち記念日を迎えました。減額されていますが、少しはボーナスも入ったので、たまの贅沢と言うことでお寿司屋さんに行ってきました。

 

田舎町に住んでいるので、おいしいものが安く食べられるのは最大の利点かと思います。家賃も安いし。

 

f:id:mugiandhop:20171211104835j:image

 

このお店では、かわいいワンちゃんも飼っていて、犬好きの2人なのでとても満足しました。

 

そして、奥さんが昼寝をしている隙にこっそりと家を抜け出し、お花とケーキのサプライズ。

 

f:id:mugiandhop:20171211104944j:image

 

真ん中の猫がなんとも可愛らしい花束です。

 

1年前、我々の婚約犬として我が家に来たこの子も、こんなに大きくなりました。

 

f:id:mugiandhop:20171211105037j:image

 

 1年前の今頃は、まさか自分が休職するなんて思っていなかったけれども、こんな状態でも毎日幸せに暮らせるのはやはり家族のおかげです。

 

仕事をしていた時は、ほとんど家にいなかったので、この時間、本当に家族のありがたさを感じています。

 

今日は妻も出かけているので、どこかに出かけようとでも思うのですが、流行やお出かけには疎いので、どこに行ったらいいか全く判りません。笑

 

まぁ天気もいいので、犬達とのんびり暮らすかな。